マイクロモーメントを意識した動画をつくる

現代のマーケティングは消費者の
瞬間を捉えた企業が勝ち組となります。
 
 
2015年にGoogleが提唱した マイクロモーメントという概念を知っていますか?
人はなにかを欲しいと思った瞬間に スマートフォンなどのデバイスを取り出して 情報を集めようとします。そこには4つの欲求があります。 
①知りたい その欲しいものの情報を知りたくなり 検索をかけます。 例えば欲しいパソコンのスペックは良いのか? 購入した人の評価はどうなのか? 値段はいくらなのか?   ②行きたい その場所へどうやって行けば よいのかを調べます。 例えば代官山のカフェまで どのルートで行けばよいのか、 そこは近いのか?歩いていけるのか?   ③したい それと同じことをやってみたい。 どんなやり方かを調べます。 例えば自転車がパンクして直し方が 分からない。どうやってやるのか? 教えてくれるブログや動画はないのか?   ④買いたい 販売サイトへ行って直接購入。 例えばAmazonでスマホケースを購入 電子書籍を購入   以上の4つのパターンから得た情報で 購入の判断をしています。 もしあなたがビジネスをされて 売りたい商品やサービスがあるのでしたら、 この「欲しい」という瞬間を 制することです。 つまり検索される ニーズのある動画をつくり、 見込み客を購入させる 道筋をつくるのです。 それを意識しておきましょう。

コメントを残す

CAPTCHA