活字が映像化されていく時代

あなたは本を読んでいますか?

社長さんなら勉強熱心な方が多いですから当然本は読んでおられると思います。ですがそれを聞いているわけではありません。

もしその本が文字ではなく映像だったら、人はどっちを好むでしょうか。


大半の人は映像だと答えるでしょう。

映像はパッと見るだけですぐに答えが分かるのでとても楽だからです。


例えば「効果的な対面営業テクニック」という本があるとします。


そのテクニックの実践を文字や写真で見るのと、映像で見るのとどちらが正確に、そしてどちらが素早く理解できるでしょうか。

文章では分かりづらい、声のトーンや間の付け方など細かいニュアンスまで映像は教えてくれます。そしてそれらが一瞬見ただけで理解できます。


正確さも理解するスピードも映像に部がありますよね。



そして現代は情報洪水の真っ只中。人間の限界を超えて情報を処理できずにいます。
つまりいちいち細かく情報を見る余裕がありません。


ならばなおさら文字や写真で想像するより、映像を見て一発で理解したいと考えるのは必然のこと。


楽な方に行きたいのですから。


文章を読むことは考えることを鍛えるので書籍は必要です。しかし、インターネットは書籍ではありません。


もし、サイトがどれも書籍のような文字の塊だとしたらうんざりします。


インターネットは誰もが使いやすく素早く情報を得られるものにならなければいけません。


そのためには活字が映像化されて整備されていきます



ですのでネットの世界では活字にこだわって変化に対応できないととんでもないことになります。



もしあなたがインターネットを使ってビジネスを行うのなら必ず映像を学んでください。



それがこれからの未来です。変化に対応することです。



最後に・・
イギリスの生物学者 チャールズ・ダーウィンがこんな事を言っています。

「生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最も適したものである」

コメントを残す

CAPTCHA