視聴者に好印象を与える6つの要素

例えばお客様がマッサージに行きたくなってネットで検索したとします。 たどり着いたホームページ。店長さんの紹介動画がありました。  
サービスはいいのか、自分の要望を叶えてくれるのか、誠実か、知識は詳しいか、技術はあるのか、店員さんの質はどうか、雰囲気はよさそうか、安らげそうか・・
  様々なことを知るために動画を視聴します。   もちろんお客様にとってサービス内容が一番なのですが、出演されている店長さんとのフィーリング。   これがとても重要であることを知っておいてください。   なぜなら人はまず最初に「なんとなく好き」か「なんとなく嫌い」かで判断するからです。   どんなに素晴らしいサービスをしていたとしても、まずはじめに話を聞こうか聞くまいかを決めてしまう。   その鍵がフィーリングなのです。   映像のクオリティもフィーリングに関係ありますが、今回は出演されている店長さんの印象をよくするための見せ方をお伝えします。   それは以下の6つの要素です。 ・笑顔                 (楽しそう) ・清潔感ある姿             (安心) ・「売りたい」ではなく「助けたい」感  (お金じゃない) ・自分のこだわりを楽しそうに語る    (純粋な人) ・苦労した過去を明かす         (応援したくなる) ・夢を語る               (ブレイクしそう)   マッサージ店の例で書いてしまいましたが、どのビジネスにも共通するところですのであなたの紹介動画にこれらの要素があるかチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA